介護老人保健施設 いづみケアセンター

介護老人保健施設 いづみケアセンター

HOME > 施設のご案内 > スタッフブログ > もうすぐ節分

施設のご案内 スタッフブログ

もうすぐ節分

2023-1-25

2月3日は節分です。

節分って何?と聞かれたときに、「豆をまく日」といって実は節分が何なのか分からない方も多いと思います。

節分とは、本来は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬」の前日のことです。年に4回ありますが、室町時代あたりから、節分といえば立春の前日を指すようになりました。旧暦では春が新年の象徴だったため、立春前日の節分は大晦日のようなもの。昔は「季節の変わり目には邪気が入りやすい」と考えられ、年の変わり目でもある立春前日の節分に、邪気の象徴である鬼を追い払う行事が定着しました。

そしてその鬼は邪気や厄の象徴。形の見えない災害、病、飢饉などの人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は、鬼の仕業と考えられてきました。鬼を追い払うためにまくのは大豆。大豆は五穀のひとつで、穀霊が宿るとされていました。そして、「豆を炒る」ことが「魔目を射る」に通じて「魔滅(まめ)」となるため、煎った大豆(福豆)を使って鬼を払うのです。

それがすっかり定着して2月3日に豆まきをする様になりました。

鬼は外、福は内!!と大きな声で豆まきして福を沢山福を入れたいですね。