埼玉森林病院

埼玉森林病院

HOME > 当院について > 中央棟について

当院について 中央棟について

埼玉森林病院 中央棟 2019年4月オープン

基本コンセプト ・・・ 里山にかこまれた人々の集う癒しの病院


中央棟の概要

 埼玉森林病院は昭和52年6月の開院から40年経過し一部建物が老朽化と療養環境の変化から、今後のさらなる充実をはかるべく、病棟の増改築工事を行いました。
 中央棟では、快適な療養環境を念頭に開放的な病室に設計しております。病室は窓を大きく外光を多く取り入れるとともに、強い日差しを遮り快適性を確保出来るように工夫し、周辺の眺望をお楽し見ながら療養して頂ける環境で皆様のニーズにお応え出来る病院をめざします。


個室

4床室

デイルーム

エレベーターホール

作業療法室

スタッフルーム

延床面積
6,651.06㎡
5階
職員ラウンジ
4階
急性期病棟 C病棟 52床
∟ ストレスケア 18床
∟ 身体合併症 34床
3階
亜急性期病棟 B病棟 56床
2階
急性期病棟 A病棟 50床
∟ 保護室 8床
1階
作業療法室、給食設備など

 

東 棟・・・2・3階 慢性期病棟(D病棟24床・32床)
外来棟・・・2・3階 慢性期病棟(E病棟・老年期30床・30床)

今後の改修工事スケジュール

2019年4月 中央棟完成
↓ 東棟改修
2019年5月 本館・西館解体
↓ 管理棟新築
2020年1月 東棟増改築
2020年10月 完成

 

新館 → 外来棟 既存E病棟
北館 → 東棟 既存C・D病棟 2019年7月改修工事完了予定